櫻花の絶えぬ極夜の庭園。 月の沈まぬ限り、唯言葉を連ねましょう。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

2009-10-25 Sun 18:00

祭りの夜には面白いことが多いようで

懐かしい顔を見れました

次はいつになるか判らなくとも

無事が分かるのは良いことと思います

 

それから

突発の申し出を受け

約束を一つ

密かな事情を楽しみつつ

黒と黄色の方に感謝を一つ

 

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2009-10-18 Sun 02:37

温故知新

古い物を捨てて新しい物を求めるならば

古い物を知る事が大切と

今更ながらに感じます

辻褄合わせを考えるのはその後に

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2009-06-07 Sun 02:17

枷が外れ

世界が追いつく

そう感じられる

ひと時でした

 

また直ぐに

慣れてしまうものだとしても

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2009-03-08 Sun 03:42

真紅の内に据えられた

赤い石の器より

小さな火種を掬い取る

僅かに瞬く朱の揺らめきは

幽かに震え吐息を零す

冷えたその身を両手で包み

確かな焔の横へと添える

 

在るべき場所は移ろうものだと

燈火は静かに混ざり合う

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2008-11-12 Wed 20:21

必要な礼儀を欠く人がちらほら

捨て置くか

指摘するか

心の赴くままとはいえ

迷いが生じるものの様です

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 月夜桜の庭園 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。