櫻花の絶えぬ極夜の庭園。 月の沈まぬ限り、唯言葉を連ねましょう。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

2007-05-17 Thu 18:49
本日も狩人としての私が綴ります。

今宵は監獄の深部へ。

敵の数も増え、屈強な個体も目に付きます。

敵の増加により罠を使用したい場面も増えますが、移動を続ける今回の流れでの使用は先日よりも難しく。
多数相手に罠を射ち込む際、前衛が固定し切れなかった分が一斉に流れて来る事も幾度か。
また、罠の設置に適した場所が少ない場合に無理をして最前線に出てしまう場合も有り、危険が増す場合も多々。

設置場所に困った場合は罠の移動の回数を増やす事や、衝撃に反応して自ら移動する罠を用いた長距離からの運用も視野に入れる必要が有りそうです。

暫くは練習期間として、思索を続けてみようと思いつつ本日の日記を終わります。
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 月夜桜の庭園 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。