櫻花の絶えぬ極夜の庭園。 月の沈まぬ限り、唯言葉を連ねましょう。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

2007-07-07 Sat 21:05
本日は暗殺者と狩人としての私が綴ります。

今宵はまず暗殺者にて凍て付いた洞窟へ。
人は多く、道は狭く、敵の数はそこそこに。

道の選択が非常に重要となります。
他者と同じ道を選ばない事。
敵が残っている場所を推測して行動する事。

其の為には周囲の動向を常に意識する事が必要となります。

幸いな事に枝分かれや合流を繰り返す洞窟は道を選択する機会には事欠きません。
敵を比較的容易く対処出来る事からも、道の選択に意識を割く余裕は大きく、楽しめます。


その後は狩人にて教国にて軽いお使いを。
色々と有り教皇との謁見なども出来ました。
聖域にも少し足を踏み入れる事にしましょう。


独特の容姿を持つ教皇。頬の膨らみが最も気になると思いつつ、本日の日記を終わります。
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 月夜桜の庭園 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。