櫻花の絶えぬ極夜の庭園。 月の沈まぬ限り、唯言葉を連ねましょう。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

2007-07-21 Sat 20:34

本日は狩人としての私が綴ります。


今宵の行き先は火山の深部。
一部の敵の性質が変わってから初の訪問となります。


敵を構成する要素が多様で、
複数の手順や手段の併用が求められてきた場所ですが、
属性が大幅に纏められ、
水風地の敵が火へと変わり、火と闇の二種類のみとなります。
攻撃の要を魔術師として構成する場合、
大半の場合最も処理し易いのが火の敵であり、
其の大幅な増加によって格段に難度が下がったと感じられます。


余り楽な場所が増えるのも少々物足りない感じがしますが、
次々と捌いていく感覚も悪くは無く。

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 月夜桜の庭園 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。