櫻花の絶えぬ極夜の庭園。 月の沈まぬ限り、唯言葉を連ねましょう。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

2007-07-22 Sun 20:20

本日も狩人としての私が綴ります。


今宵の行き先は教国の聖域。
幾度も赴いているので個人的な動きに関してはほぼ方針は定まってきたと感じます。
今回心掛けたのは、多数を相手にする場合に単体を集中して処理する事。
数を減らす事によって負荷の軽減を目的とします。


全体としては演奏に後押しされた支援、魔術師の方の行動密度が非常に高く、
攻防共に隙が減り安定感が増します。
初めて誰も倒れることなく帰還する事が出来ました。


次回以降も同様の安定感を維持して行ければと思いつつ
本日の日記を終わります。

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 月夜桜の庭園 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。