櫻花の絶えぬ極夜の庭園。 月の沈まぬ限り、唯言葉を連ねましょう。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

2007-12-08 Sat 15:56

索引をめくりながら

調べたい相手の姿を思い浮かべ

か行







蝸牛は名前ではなかったと

苦笑雑じりに頁を進めます

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

| 月夜桜の庭園 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。