櫻花の絶えぬ極夜の庭園。 月の沈まぬ限り、唯言葉を連ねましょう。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

2007-05-19 Sat 19:59
本日は狩人としての私が綴ります。

今宵の行き先は火山の深部。

敵は強力ですが、此方も普段より一回り高い水準の構成になり、それ程大きな危険も無く進めます。

暫く狩り続けましたが、周囲の環境が続行には不適と感じられ転戦することに。

新たな目的地を亀達の住まう孤島に定めます。
狩人としてこの地を訪れたのは初めてになりますが、硬い亀への鷹と柔らかい亀への弓の切り替えで十分対応は可能でした。
人数と地形や亀の持つ属性の多様さから、罠の使用は少な目となりましたが、少人数で行く場合には罠を多用する動きを取り入れても良さそうです。

行ける場所が次第に増えていく事を楽しく思いつつ、本日の日記を終わります。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<< | 月夜桜の庭園 | >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 月夜桜の庭園 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。