櫻花の絶えぬ極夜の庭園。 月の沈まぬ限り、唯言葉を連ねましょう。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

2007-07-10 Tue 19:02
本日は暗殺者としての私が綴ります。

今宵も教国の聖域へ。
昨日狩人に手も感じた事ですが、敵との接近頻度が上がった分更に難しい部分が多く感じられます。

昨日よりも更に多い十人での行動となりましたが、全体的な負担は一層大きく感じられるものに。
敵の範囲攻撃の被害の拡大や、状態異常を受ける対象の分散から来る対応頻度の増加と対象の特定の難しさが影響しているものと思われます。

対策は人数次第ですので、全体的な話はもう少し回数を重ねてから。



未だに彷徨者への弓の土台が決まらないので如何したものか。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<< | 月夜桜の庭園 | >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 月夜桜の庭園 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。