櫻花の絶えぬ極夜の庭園。 月の沈まぬ限り、唯言葉を連ねましょう。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

2008-08-14 Thu 19:08

結果として

魔術師を高位のそれと同等のものとする事

狙手としての課題の一つに据えてみます

魔術師の全力が在ってこその話ではありますが

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2008-06-13 Fri 00:50

昼に佇む白き弧は

夜更けを待たず沈むという

其の時は唯

静かな眠りの夜が在る

 

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2008-05-12 Mon 19:36

時が経つのは早いもの

当時を思い出し

礼服へと袖を通し

ささやかな祝いを交わし

変わらぬ日々を願います

 

非常に緩やかな時間をすごしたと振り返り

再び来るこの日に

思いを馳せます

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2008-04-10 Thu 20:41

狙手となって
ひと月と少し

下限では有りますが
再び組める距離となった方と
出掛ける事を喜びます

其の為に生まれた猟師として

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2008-03-11 Tue 18:02

幾度も幾度も言葉を重ね

己の思考を伝えます

過剰と言える程強く

暴挙と言える程辛辣に

執拗と言える程繰り返します

他者へ

何より自身へ

容易く砕ける我が身でも

誰かを護ると決めたなら

只管である事が必要だと

別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

BACK | 月夜桜の庭園 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。